今や販促に欠かせないSNS!活用するSNSの選び方とは?

今や販促に欠かせないSNS!活用するSNSの選び方とは?

こんにちは、BRMzの松本 崇(中小企業診断士)です。

最近ではSNSを活用した販促活動も盛んですが、実はまだ取り組めていないという企業も少なくありません。SNSと一口に言っても、TwitterやInstagram、Facebookなどたくさんの種類があり、どれから取り組むべきか迷っている、という声もよく聞きます。

多くの企業にとって、「いかに売り上げを維持・拡大させるか」は重要な経営課題のひとつですし、そのためのツールとして、SNSは有効です。

この記事では、活用するSNSを選定するためのポイントをご紹介します。

販促に効果的なSNSを選ぶための3つのポイントとは?

今や販促に欠かせないSNS!活用するSNSの選び方とは?

SNSを販促ツールとして活用する場合、どのSNSでも同じなわけではありません。

自社にあったSNSを選ばなければ、費やすコストに見合った成果はあがらないと考えたほうがいいでしょう。

効果的なSNSを選ぶためには、次の3つのポイントを押さえることが大切です。

SNSを通じて達成したい目的を明確にする

闇雲にSNSを活用し始めるのではなく、まずは「達成したい目的」を明確にすることから始めましょう。

新規顧客を増やしたいのか、それともリピーターを増やしたいのか。どちらを優先したいのかを決めるだけでも、取り組むべきSNSが定まってきます。

新規顧客を増やしたい場合には、TwitterやInstagramがおすすめです。

この2つのSNSは、「拡散性が高い」という特徴を持っています。Twitterの「リツイート」や、Instagramの「ハッシュタグ」を上手に活用することで、多くのユーザーにアカウントを見つけてもらいやすいので、今までリーチしていなかった層へアプローチしやすいです。

リピーターを増やすことが主目的であれば、FacebookやLINEがいいと思います。

一方で、リピーターを増やすことが主目的であれば、FacebookやLINEがおすすめです。

既存顧客とFacebookやLINEでつながることによって、日常的な情報提供が可能になります。セールのお知らせなども気軽に配信できるので、リピート率の向上が期待できますよ。

TwitterやInstagramでも近いことができはしますが、SNS内で流れる情報量が相対的に多く、投稿が埋もれやすい傾向にあるため、FacebookやLINEのほうがより向いているでしょう。

ターゲットとなる顧客の年齢層に留意する

どんなに魅力的な投稿をしても、ターゲットとなる顧客層がそのSNSを使っていなければ意味がありません。つまり、どのSNSを活用するかを考えるにあたって「目的を明確化すること」と同じくらい「ターゲットの顧客層を意識すること」が重要になってきます。

FacebookやLINEと比較すると、TwitterやInstagramのほうが若年層のユーザー割合が高い傾向にあり、TikTokはさらに若い層に偏っています。

自社の製品・サービスのメインターゲットとなる年齢層が多く存在するSNSを活用することで、効果が出やすくなるでしょう。

扱っている製品・サービスの特性に合ったSNSを選ぶ

自社の製品・サービスの強みが生かせるSNSを選ぶのも大切なポイントです。

例えば、写真や動画を活用する方が魅力を訴求しやすいのであれば、InstagramやYouTube、Facebookは非常に有効です。

見栄えがしない製品や目に見えないサービスを扱っているのであれば、Twitterなどを使った文章中心のコミュニケーションを図るほうがよいでしょう。

売上アップのためにSNSをうまく活用しよう!

ユーザー数の多いSNSを有効活用することで、企業の売り上げ向上が期待できます。

ただ、SNSはすぐに成果が出るものではなく、地道な積み重ね=継続が大切なツールです。

最初からあらゆるSNSに手を伸ばすのではなく、上記の3つのポイントを押さえたながら自社に合ったSNSを選ぶのとあわせて、無理なく継続できる形で取り組み始めることをおすすめします!

BRMzでは、SNSをはじめとしたデジタルマーケティングも支援しています。ぜひお気軽にご相談ください!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA